【Summoners War】二次覚醒 イヌガミ5F【無課金PT紹介】
スポンサーリンク
[2020.06.04 時の情報です]

 

のえです。

火のイヌガミ・ラオークから始めた二次覚醒ダンジョンの攻略ですが、
無事、イヌガミ5種の覚醒が先日終わりました。

 

巨人のダンジョンをそれなりにちゃんと周っている中級召喚士の方であれば
私ほど苦労せずに無事故高速周回ができていると思いますので、

・また『周ろう』と思い立った将来の自分と、
・これから周っていきたいと考えている初級召喚士の方に向けて

攻略メモ的なものを残しておきたいと思います。

 

また、あくまで『無事故周回』のPT構成であり、『高速周回PT』ではありません。
クリアの平均タイムは3分ちょっとです。

スポンサーリンク

使ってたキャラクター達

さっそくキャラとルーンの紹介をば。

1火ヴァンパイア・ヴェルデハイル

どこにでも連れてってくれる万能キャラ。
一家に1匹いなきゃ困るヴェルデさん。

 

迅速 / 刃 の速度リーダー兼ゲージ上げ要因です。


※作成した画像がとても汚いので気が向いたら仕事の合間に作り直します。

 

ポイント
ルーンの構成で気を付ける順番としては、

クリ率>速度>耐久>火力

速度に関しては、
『PT内(イヌガミを除く)で一番遅く動きながらもそこそこの速さになるように』
を意識していました。

自分の場合は耐久と火力のどっちつかずなステータスになっているので、
もうちょっと上手いことルーンはつけてあげれば尚良かったかも…

 

2火ハープ奏者・ハルモニア

対人コンテンツ(特に防衛)で輝く(らしい)調合キャラのハルモニアちゃん。
最近のお気に入りの子。

 

迅速 / 果報 で回復兼(火力役)としての採用でした。


※作成した画像がとても汚いので気が向いたら作り直します。

 

ポイント
私が意識していたルーンのステータスは
速度>率ダメ>耐久 の順番なのですが、

速度>耐久>(余裕があったら)率ダメ

で良いかと思います。

暴走の運ゲー感があまり好みでないので、迅速で組んでいますが、
PTの中で次に紹介するローレンの次に動かせるのであれば暴走でもいいかもしれません。

 

3光カウガール・ローレン

日曜日の指名率No1!
この娘と出会った方は一躍時の人ととなれこと請け合い。

 

迅速 / 闘志 で組んでいる盾割ゲージ下げキャラ。

※作成した画像がとても汚いので(ry

 

ポイント
ステータス順としては
速度>耐久>的中()>火力() でした。

特に、速度はとても重要で、最初は速度+85くらいでやっていたのですが、
ヴェルデと合わせてもその速度感だと左のクリスタルのターンが回ってしまい、
盾割を入れられてしまうので、PT内でも一番早く動くように調整する必要がありました。

どのくらいの速度感であればクリスタルが動かないのか詳しい数値は知りません。
少なくとも+85程度だと動かれてしまうので注意。

また、周回中に事故を起こしていないものの、耐久面がかなりギリギリだったのと、
的中があまりにも盛れていなさ過ぎたので、参考にされる方は注意。

 

4各属性イヌガミ

 

育成するイヌガミに関しては、ルーンを付けても付けなくてもどちらでも大丈夫です。
私は一応付けていたのですが、1wave目で落ちたり落ちなかったりなので、攻略に大きく影響はしていませんでした。

ただ、1点だけ注意していただきたいのは
耐久特化か火力特化のどちらか明確にする
これだけです。

中途半端に耐久がある状態だとハルモニアの回復がメインの3匹へのタゲでなくなってしまうので、
思いっきり火力に振って紙にするか、思いっきり耐久に振って回復いらずにするかの
どちらかを意識してルーンを組んでください。

 

攻略におけるポイント

 

先にお伝えした通り、わたしはまだ高速周回の域には達していません。
攻略におけるポイントなんて仰々しいものはなく、
巨人ダンジョンを最初に攻略するときとポイントとしては同じで、

速度はなるべく早く。耐久を盛っていく。

これさえできていれば無事故でクリアしていくことは容易だと思います。

また、この方法で攻略する場合は
左クリスタル → 右クリスタル → ボス の順番に倒してください。
そうでないと100%事故ります。


ちなみに、特殊効果については画像を参照ください。
復帰前からアリーナはろくにやっていなかったので、
1,000日を超えた今でも施設は全然育っておりません。

スポンサーリンク

最後に

 

二次イヌガミは本当にカッコ良いのでイヌガミ艦隊で巨人に遊びに行った時の写真を載せておきます。

 

少しでも参考になれば幸いです。
この記事に関して質問がありましたら、twitterかコメント欄にお願いします。

それではよしなに。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事