【2人から楽しめる】 FILLIT【ボードゲーム紹介】
スポンサーリンク

のえです。

外出の自粛やwithコロナの影響で、自宅で過ごすことが多くなりました。
そんな折、久しぶりにボードゲームを購入し、家族で楽しく遊びましたので
今回はカップルや家族でも楽しめるボードゲーム『FILLIT』を紹介します。

 

スポンサーリンク

ボードゲーム『FILLIT』とは

まず初めに、このボードゲームの概要を紹介します。

 

『FILLIT』概要

 

自分のコマが進んだルート上に自分の色のチップを置いていき
全てのチップを使い切ったプレイヤーが勝利となります。
数手先を読んだコマとストーンの使い方が戦略的な
アブストラクトならではの面白さが詰まったゲームです。

-公式HPより引用

・価格 : 3,000円 (+ 税)~
・プレイ人数 : 2~4人
・プレイ時間 : 5~15分
・対象年齢 : 8歳~
・ゲームデザイン : 中村良
・グラフィックデザイン : 伊勢雅徳
・制作・発行 : ラディアスリー株式会社

 

・・・とまぁ、ざっくり説明するとよくある陣取りゲームです。

他の陣取りゲームと違い、配置できる障害物はストーンと呼ばれるおはじきのみ。
しかも、配置できる箇所も任意の場所ではなく、初期位置から1マスずつ動かすことしかできません。

 

なので、公式さんの説明でもあるように、
いかに先を読んでストーンを動かしていくかが勝負を握る鍵となります。

 

『FILLIT』の魅力

 

老若男女問わず、誰でも遊べる単純なゲームルールや
持ってさえいれば遊びたいときにすぐ遊べる手軽さなど
ボドゲにハマっていく理由はいくつもあります。

 

しかし、それよりもなによりも、視覚・触覚で視て触って楽しめる
というのがボドゲはじめ、アナログゲーム最大の面白さかと思います。

 

御多分に漏れず、この『FILLIT』の魅力もそこにあります。
上の画像に写っている「コマ」も木製でコロコロしていて可愛いですし、

なによりもコレ↓

勝利条件になっているチップなのですが、
各色模様が違ってて、なおかつオシャンなんです。

ゲームデザイナーが日本人の方ということもあって、
柄が和テイストなのも日本人的にポイントが高い。

 

ゲームボードに関しても、表面に凹凸のある型紙が使用されているので
視覚と触覚で端から端まで楽しめるゲームに仕上がっていました!

 

スポンサーリンク

さいごに

 

「一人暮らしで、尚且つ人と会わない」
そんな方は難しいかも知れない…

しかし、それ以外の方には是非ともおすすめしたいゲームでした。
私は、ほかのボドゲも同時に購入したい欲と予算の都合で紙版の安いタイプを購入しましたが、デザインや長く遊べるゲーム性を考えると、木製版の高い方を買えばよかったと後悔しております…

 

そんな素敵なゲームでした。

 

拙い紹介記事となりましたが、少しでも『FILLIT』の魅力をお伝えできていれば幸いです。
みなさんも是非、ボードゲーム楽しんでみてください。

 

購入はコチラ

 

ラディアスリー(Radiuthree)

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事